トラブルに合わないために

18歳未満は相手にするな

出会い系サイト自体は犯罪ではありません。
また、成人女性が相手であれば、援助交際も法的には問題ありません。

ただし、相手が18歳未満の場合は別です。
18歳未満との援助交際は、摘発されると間違いなく逮捕されます。
そして、証拠隠滅とか逃亡の恐れがあるとみなされ勾留されます。

その際、相手の女性は罪に問われません。
せいぜい補導される程度です。
ですから、警察にでは簡単に自供してしまいます。

大抵の場合、略式命令の罰金刑で済みますが、「運が悪かった」諦めるには高い代償です。
18歳未満には援助をエサにして手を出さないことです。

ただし、相手が客観的に18歳以上と判断できる状況であれば大丈夫です。
なので、確認した免許証や学生証が偽物だったりしたら罪には問われません。
ただ、それを立証するのは大変ですし、逮捕されると失うものは大きいはずです。

ちなみに、好きな曲をいつ歌っていたか?などを会話に盛り込むと、年齢詐称を見抜くときのヒントになります。

売春防止法は気にしなくてよい。

成人女性相手に援助目的の関係を求めても処罰されることはありません。

売春防止法で取り締まっているのは、いわゆる「管理売春」です。
したがって処罰されるのも「元締め」の業者(組織)だけです。

18歳以上の女性が率先して身体を売ることを法律は規制していません。
くどいようですが、一番怖いのは「青少年保護育成条例」
「知らなかった」では済みません。

いまどきの美人局

出会い系サイトに限って言えば、怖い男が現場に踏み込んで金銭を脅し取るような古典的な美人局は心配しなくて良いでしょう。

とはいえ、後になって「会社にバラす」とか「妊娠した」といって恐喝してくる可能性が全くないわけではありません。
何度か会って、相手の素性がハッキリするまでは、自分の身元を正直に明かさない方が良いでしょう。

美人局対策は次の3つでほぼ大丈夫です。
・財布の中身を最低限の現金だけにしておく。
・クレジットカードや免許証、名刺などは抜いておく。
・携帯は必ずロックしておく。
これくらいの対策をしておけば、被害にあうこと防げます。