知らないと損をする

キャッシュバッカー(CB)

出会い系サイトの運営者は、女性に対してポイントバックサービス行っています。

掲示板に書き込んだり、メールを送ったりすると男性はポイントを消費します。
女性にポイントサービスを行うのは、サイトを活性化させるためですが、これを悪用しているのがキャッシュバッカー(CB)です。

女性は、男性の書き込みやメールに反応するだけでポイントが得られます。
つまり、男性にたくさんのポイントを消費させればさせるほど、女性へのポイントバックが増えるわけです。

ポイントは換金できるので、これを収入源にしている女性のことをキャッシュバッカー(CB)と呼んでいるわけです。

キャッシュバッカーを相手にどれだけポイントを消費しても実際に会えることはありません。

もし、メール交換を引き延ばしているように感じたら、キャッシュバッカーの可能性が高いので、サッサと切るようにしましょう。

業者

業者には、大きく分けて3つの種類(形態)があります。

・一般の会員を装って、メールのやり取りをして、悪質な出会い系サイトに誘導する業者。
・サイト内でのメールで、電話番号やメールアドレスを収集して、詐欺サイトに誘導する業者。
・一般の女性会員を装って営業する、デリヘルなどの風俗業者(援デリ業者)。

いきなり直電や直メの交換を誘ってきたら、悪質な業者であると疑った方が良いかもしれません。
また、風俗業者の可能性がある場合は、メールのやり取りの際に、プロフ以外の写真交換を求めるのも良い方法です。

サクラ(メールレディー/通称:メルレ)

サクラは、出会い系サイトの運営者が仕込みます。

男性会員に大量のポイントを消費させるために、女性会員に成りすましたサクラが、いかにも気があるようなメールを送ってきます。

・男性会員は派手に募集しているのに、女性会員はあまり募集していないサイト
・有料ポイントの代金が異常に高額なサイト
・チョッとしたやり取りでたくさんのポイントを消費してしまうサイト
こういったサイトにはサクラが仕込まれている可能性があります。

ただ、サクラの有無は、無料ポイントの期間に、ある程度は見抜けるはずです。

その他

・「出会い系指南」サイト

ネット上で、出会い系サイトの攻略法を指南(指導)するように見せかけて、実際は悪質サイトに登録させるように誘導するサイトです。
騙されないためには、まずは実績があるサイトに片っ端から登録して、自分自身で攻略法を見つけていくのが良いでしょう。

・同時登録

何かのきっかけで悪質サイトに登録すると、提携する複数のサイトに自動で同時登録されてしまうシステムです。
同時登録されるサイトの中には、詐欺サイトが含まれていることもあります。